大興工業株式会社

会社案内

会社概要outline

会社名
大興工業株式会社
所在地

本社・東浦工場
〒470-2102 愛知県知多郡東浦町緒川字宮戸39-3
TEL:0562-83-6661 FAX:0562-83-6621

津工場
〒510-0311 三重県津市河芸町三行字鎌戸1701-4
TEL:059-244-1055 FAX:059-245-5055
設立
昭和16年1月
役員
代表取締役会長 村上 竜也 取締役社長 西川 正克
資本金
2,000万円
従業員数
115名(2019.07現在)
事業内容
自動車部品・用品等の樹脂成形品の設計・製造と縫製および塗装
関連会社
(株)村上商会、(株)モディー、(株)ダブリュー・ツー、
(株)ケイ・エム・アクト、日本電材工業㈱
主要取引先
三菱ふそうトラック・バス(株) 、三菱ふそうバス製造(株)、三菱自動車工業(株) 、トヨタ車体(株) 、トヨタ紡織(株) 、(株)トヨタカスタマイジング&ディベロップメント、(株)東海特装車 、積水テクノ成型(株) 、三恵技研工業(株)、(株)サン自動車工業 (敬称略)
取引銀行
愛知銀行、十六銀行、半田信用金庫、日本政策金融公庫、商工組合中央金庫

代表メッセージmessage

「形・彩・輝」でお客様の期待以上に
お応えする企業をめざして

弊社は自動車部品・用品など特に大型樹脂成形品で、市場ニーズ多様化に合わせた多品種少量の生産を得意としている会社です。

大型バス・小型バス・救急車などの部品、自動車用品に対し量とコストに見合った最適工法でのものづくりで、お客様のニーズに応えてまいりました。
またIATF16949導入により、仕事の取組み方含めた品質面でも、これまで以上にお客様に満足いただけるよう努力しております。

更に一貫した内製化で成形、塗装、メッキ、LEDなどを組み合わせた付加価値の高い製品の提案で、お客様のニーズにお応えしてまいります。

今後とも皆様のご指導、ご支援をいただきますようよろしくお願い申し上げます。

取締役社長西川 正克

グループ会社方針group company
スピードと独創性をもって顧客の期待を上回る。
今年度 社内テーマ
IATF16949、ISO14001の手順に則り、前工程は整理し展開、
後工程は情報も含め引取りに行く
安全を優先した作業を徹底する
2019年品質目標
品質は、製品の計画から
1人1人の作業が品質を決める
  • 客先不良2017年に対し 15%削減
  • 工程内不良2018年に対し 10%削減
  • 現場教育の実施(製品確認での評価)
  • 社内パトロールを軸とした、安全、5Sの実施
  • 作業標準に基付いた作業の実施、観察、教育
環境方針Environmental policy

理念

当社は、あらゆる活動の中で環境負担の低減を図り
地球環境にやさしい企業を目指します。

指針

  1. 1 当社は自動車用内装部品の設計・開発及び製造を主とする事業において、環境側面に関する法規制及び同意した要求事項を遵守し活動します。
  2. 2 当社で働く全ての人々が環境保全活動を実践する為に、環境目的及び目標を自ら定め、これを定期的にレビューし、環境マネジメントシステムの継続的改善に努めます。
  3. 3 当社で働く全ての人々が事業活動の中で環境側面を把握する事により、環境への汚染を防止し、また省エネルギー・省資源・廃棄物低減を推進します。
  4. 4 当社で働く全ての人々に対し環境保全意識の高揚と、地域を含めた環境保全の積極的な行動が取れる人材を育成します。

この環境方針を達成する為、この方針を当社で働く全ての人々に周知徹底すると共に、関連取引先にも周知し、理解と協力を要請します。
尚、この環境方針は、要求に応じ社外に開示します。

IATF16949、ISO14001を認証取得

2019年1月17日 自動車産業品質マネジメントシステム規格IATF16949:2016を取得(本社・東浦工場)
よりよい製品づくりと品質保証を通じた、顧客満足向上に向けて大きな一歩を踏み出しました。

2005年7月15日 環境マネジメント規格 ISO14001を取得(本社・東浦工場)。
企業活動による環境負荷の低減を目指して、環境活動を継続的に推進しています。

体制organization

沿革history
1941年(昭和16年)
知多郡大野町に於いて大興工業株式会社を設立。
三菱航空機、愛知航空機の協力工場として、航空機内装部品の生産を開始。
1945年(昭和20年)
三菱重工業(株)及び、愛知機械工業(株)の自動車生産に伴い、自動車内装部品の生産を開始。
1952年(昭和27年)
知多郡大野町より名古屋市南区に工場移転。同時にトヨタ車体(株)より、自動車内装部品を受注、生産開始。
1956年(昭和31年)
内装部品の生産拡大に伴い、高周波ウェルダー機を導入。
1967年(昭和42年)
真空成形機設置。樹脂成形部品の生産を開始。
1979年(昭和54年)
刈谷木材工業(株)より家具用縫製部品を受注、協力工場としてソファー用縫製品の納入を開始。
1980年(昭和55年)
三菱自動車向け、純正用品を受注。
樹脂成形品を中心に菱自用品販売(株)へ納入を開始。
1982年(昭和57年)
知多郡東浦町に工場を建設。同時に連続真空成形機増設。
三菱自動車工業(株)バス部門より、大型バス・小型バス用内装部品を受注。
樹脂成形部品を中心に納入を開始。
1985年(昭和60年)
樹脂成形部品の生産拡大に伴い、トリミングロボットを導入。
1992年(平成04年)
東浦工場にスタンピングプレス成形ライン新設。
大型樹脂成形部品の生産を開始。
1995年(平成07年)
大型真空成形機増設。
1996年(平成08年)
大型樹脂成形部品の生産拡大に伴い、ウォータージェットシステムを導入。
1997年(平成09年)
受注拡大に伴い、工場建屋の増築と各種大型成形設備、
各種大型成形設備の導入、品質向上のため試験評価設備を導入し、品質活動を本格化。
2001年(平成13年)
本社を東浦工場に移転。
2004年(平成16年)
品質マネジメントシステムISO9001認証取得(本社・東浦工場)。
2005年(平成17年)
環境マネジメントシステムISO14001認証取得(本社・東浦工場)。
2008年(平成20年)
村上商会グループに経営統合。開発体制の強化と販路を拡大。
2009年(平成21年)
津工場にて樹脂塗装事業を開始。成形から塗装、組立までの一貫生産体制を確立。
2014年(平成26年)
東浦・津工場の生産能力強化のため、倉庫建屋の増築、成形、塗装設備の増強。
2019年(平成31年)
自動車産業品質マネジメントシステムIATF16949認証取得(本社・東浦工場)
村上商会グループMurakami Shokai Group

各社の独自性を活かしながら、グループを通じて、
企画・開発から量産まで一貫生産を可能に。

私たち村上商会グループはこれまでに培ってきたフレキシブルな発想力と多様な技術力をもって、提案型企業として時代の夢をかたちにしていきたいと考えています。

株式会社村上商会
自動車、電車、船舶、航空機関連、建築、イベント広告等、広範な事業向け製品の企画・プレゼンを行うと共に、グループ内における新素材・新成法の研究、製品開発、各種成形型及び成形技術開発さらに工業、商業、建築等のデザインから設計、試作、量産までを一貫して行う研究開発型企業を統括する会社です。
株式会社 ケイ・エムアクト
量産品の製造と共に、オール内製化のカギとなる、型や製造設備の研究・設計・製作を行う会社です。(岩手県一関市)
株式会社 ダブリュー・ツー
デジタルデザインをベースとして自動車・航空機・海洋機器の企画から設計、製作まで一貫したものづくりを行う会社です。
株式会社 モディー
平成4年に通産省中小企業事業団の高度化資金知識集約化共同事業として設立された総合デザイン研究所です。
自動車をはじめ、あらゆる業界の製品について、オリジナルのデザインビューアーの導入をはじめIT機器と匠の技を駆使して、どこよりも早く、質の高い、商品企画〜デザイン、試作、製作までを一貫して手掛けます。
ユニークなカスタマイズカーなど多数提案し、量産メーカーでは汲み上げ切れない差別化志向に対応します。
アクセスaccess

本社・東浦工場

〒470-2102 愛知県知多郡東浦町緒川字宮戸39-3
TEL : 0562-83-6661
FAX : 0562-83-6621

アクセス
  • JR東海(東海道本線・武豊線) 大府駅より約3km
    ・・・車で約10分
  • JR東海(武豊線)尾張森岡駅より約1km
    ・・・車で約5分・徒歩約15分

津工場

〒510-0311 三重県津市河芸町三行字鎌戸1701-4
TEL : 059-244-1055
FAX : 059-245-5055

アクセス
  • 伊勢自動車道 芸濃インターから車で約15分
  • JR・近鉄 津駅から車で約2O分

pageup